痴漢されて怒っているスーツ女性の絵

痴漢されて怒っているスーツ女性のイラスト画像と痴漢冤罪で人生が狂った男性の話

Pocket

痴漢されて怒っているスーツ女性のイラスト画像


ブログへのイラスト投稿をいったんストップしようと思っていたんですが、思っていたイラスト公開の方法がある理由により破綻してしまったので、やっぱりブログへの投稿にします。
ただ、今後はうまくよほどうまく描けた場合をのぞいてpixivなどへの投稿はやめ、いろんな話を紹介するのに加えて、イラストか漫画を描いて一緒に紹介する、という形にします。

痴漢冤罪で人生が狂った男性の話

理不尽に感じても受け入れなくちゃいけない。
でも心の中でわだかまりが残って残って、
悔しくて悔しくて
ただ涙があふれ出て・・・

わかっていても心の怯えが収まらない。
精神が蝕まれるってこういうことを言うのかな。

状況で言うと不倫とかではないんだ。
1ヶ月にならない子どももいる。

ただもう、なんでこうなったのか?
これ以外の選択肢は無かったのか?
考えれば考えるほどループにはまっていくようで・・・

あと2日は仕事をがんばらんといかんからね、
のんびりしてられないというか、
動いていれば気がまぎれるというか・・・
その場限りの現実逃避なのはわかってるんだけどね


8月の終わりごろ、いつもどおり会社に向かったんだ。
普段と特に変わらない朝だったと思う。
ようやく妻と子どもが病院を出てきて数日過ぎた頃で、
いつもどおりの満員電車のつらさも大して気にならなかったんだ。

左手で雑誌とつり革をつかんで、
右手では肩からかけたかばんをつかんでた。
まあ後はぎゅうぎゅう詰めの車内だし、何も考えずに揺られてたよ。

で、とあるターミナル駅に電車が到着する直前
目の前にいた女子高生がとつぜんこっち振り向いてYシャツをつかんで
「この人痴漢です。」
とか言いやがった。

こっちは何もしてないので面食らって何か言い返そうと思ったけど
「え?俺?」
とかわけのわからない言葉しか出てこない。
電車は停止して扉が開き、そのままホームに押し出されたところにちょうどいた駅員が
「話は駅員室で聞くから。」
と行って腕をつかんできて、反論する余地も無く連行されたよ。

その後は一瞬の隙をみて会社に連絡入れたものの、
すぐに警察が来て何もできなくなった。
身柄を警察に引き渡されたら最後、こっちはどんなにやってないって言っても
「お前何やったかわかってんのか?」
みたいに脅されるだけ。
で警察署に運ばれて取り調べ。

「だいたいまずはやってないって言うんだよ。」
「長年被害者を見てきたからわかるんだよ。」
「認めないから留置所に拘留するからな。」

とにかくこっちの主張は何も聞いてもらえない。
聞くだけ聞いて信じない。
ここまで来て、自分がかなりまずい立場に立たされたのだけは自覚したよ。


本と警察はもう信用できない。
あいつら、自分たちは正しいことをしてると信じきってる。
信念ゆえの盲目があることに気付いてない。

そんなわけで、嫁とも連絡取らせてもらえず留置所に拘留決定。
「基本的に逃げる恐れがある場合、証拠隠滅の可能性がある場合などに
留置所で最大21日間拘留する。
まああんたの場合、住所氏名はわかってるから逃走の可能性は無いけど
証拠隠滅するかもしれないから拘留だな。」

わけわかんねーよ!(怒
証拠隠滅って何を隠滅するんだよ!!
むしろやった証拠があるなら見せてみろってんだ!!!

仕事場には警察から連絡したと言われたけど、
結局家族には話が言ってるのかどうかすらわからなかった。

留置書は数人の相部屋。
韓国人強盗、悪徳金融の社長、右翼、やくざ
これだ相部屋の面子。
一緒の部屋にいるだけで精神磨り減る。
でも罪を認めない限り、21日間は拘留だと。
これも精神的嫌がらせの一種か?

数日を過ごすうちに、弁護士を通して外の状況を確認する。
しばらくは拘留後の裁判なんかも含めて会社に出社できそうも無いため
どの道、辞めざるをえないだろうとか、
妻と子どもはむこうの実家に戻っているとか、
俺の両親が一時的な弁護士とかの費用を持ってくれてるとか。


で、留置所内、基本的には暇なので、とにかく身の振り方を考えたとき、
ひとつの結論を出してた。

『どうせ会社を辞めることになるなら、
さっさとここから出てつぎの仕事を探したほうがいい。
自分の名誉を守るより、妻と子どもを養わなければ!』

そう思って弁護士と軽く相談した後、
罪を全面的に認めて留置所を出ることにした。
一刻も早く留置所の相部屋から出ないと、
自分の精神が持たないと感じたのもあったけど。

けど、結局それが裏目に出たんだろうな。

会社に行っても
「どんなに君がしてないって言っても、
いったん警察の取調べで罪を認めた者は庇いきれない。」
ってなこと言われて。
それでも課長は無理し動いてくれたみたいで
なんとか依願退職扱いで15日で辞めることになった。

そして妻と子どもは実家に戻ったっきり、家には戻ってこなかった。
弁護士のほうから話は通してあったはずなんだけど
「罪を認めた=本当に俺がやった」
「子どもに前科のある父親がいるのはかわいそう」
などなど。
完全に離婚することで話が動いちゃってる。

とまあ、簡単に書いたつもりだけど結構長くなっちゃったな。
まあチラシの裏ってことで、読み流してくれ。

ただまあ、あれ以来、満員電車が怖くてのれなかったり、
今は気が張り詰めてるけど、
15日過ぎて会社辞めたらどうなるか考えると嗚咽がとまらなかったり
ここ数日はずっとそんな感じだ。

金がなくなるのも早かったな。
弁護士費用、示談金、その他もろもろで一気に130万消えたよ。
みんなにひとつアドバイスだ。
フリーになる貯金、150万は必ず残しておけ。
いつ必要になるかわからんからな。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です